13.転部・転科に関する規則

(平成5年4月1日制定)
 最近改正 平成29年4月1日

(目的)
第1条
 この規程は、麗澤大学学則第32条第2項に基づき、転部及び転科の取扱いについて定めることを目的とする。
(志願)
第2条
 転部及び転科は、入学後2年以内に限り志願することができる。
(手続)
第3条
 転部又は転科を志願する学生は、転部願又は転科願を提出し、入学検定料に準ずる検定料を納めなければならない。
2 転部願及び転科願の受付期間は、12月10日から12月20日までとする。
(検定)
第4条
 転部及び転科の検定は、試験又は面接等の方法により行うものとする。
2 前項の検定方法は当該学部において決定する。
(既修得単位の取扱)
第5条
 転部又は転科を認められた者の既修得単位の取扱いは、当該学部教授会で決定する。
(事務の所管)
第6条
 この規則に関する事務は、大学事務局教務グループが所管する。
(規則の改廃)
第7条
 この規則の改廃は、学部教授会及び協議会の議を経て、学長がこれを定める。

   附 則
1 この規則は、平成5年4月1日から施行する。
  この規則の施行に伴い、従前の転科に関する規則は、廃止する。
2 この規則は、平成8年4月1日から改定施行する。
3 この規程は、平成18年4月1日から改定施行する。
4 この規程は、平成24年4月1日から改定施行する。
5 この規程は、平成29年4月1日から改定施行する。

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31